ホームに戻る 初診の方へ 駐車場
クリニックの紹介 診察時間 不妊について知りたい
クロミフェン周期体外受精 産婦人科一口メモ 掲示板(当サイトの花)
質問コーナー(不妊治療) 不妊治療体験記 大曽根グルメ
基本検査 動画のページ 特定不妊治療助成金事業
簡易体外受精の妊娠率 簡易体外受精の料金 自然妊娠の確率判定サイト
スタッフ募集 リンク  

 パート5  パート4  パート3  パート2  パート1

パート5

 Gさんの体験記(2002/12/28追加)

私は、結婚5年目にして徳川レディスで待望の赤ちゃんを授かる事が出来ました。 自分の体に最初に不安を覚えたのは大学生の頃でした。生理のたびに下腹部痛がひど くなり、近所の産婦人科で始めて子宮内膜症の疑いがあると言われました。年々、生理痛はひどくなっていったので、心のどこかで『自分は子供ができにくいかもしれな い』と感じ、結婚してすぐにでも、赤ちゃんが欲しいと思いました。しかし、2年経っても、妊娠の兆しはなく不妊専門病院へ通いはじめました。そこで内膜症に加えて子 宮筋腫が少なくとも3個はあることがわかりました。その頃の私はまだ、不妊治療を すればすぐ授かるだろうと思っていましたが、仕事をしながらの通院を重ねて、治療 は既に2回の体外受精をしても妊娠には至りませんでした。

内膜症や筋腫といった病気は生理を重ねるごとに症状が悪化すると言われ、注射の排 卵誘発剤の副作用もつらく、心身共に参っている時に知人から徳川レディスを紹介し てもらいました。

最初に稲垣先生に御会いしたとき、診察室でゆっくりと今までの症状、治療の経過、 を聞いて下さり、さらに診察後の所見、これからの治療方針を丁寧に説明して下さい ました。今までには無かった安心感を覚え、この先生にお任せしてみようと思い、挑 んだ最初の体外受精で妊娠に至る事が出来ました。今までの注射の排卵誘発法に比べ て、体の負担も無く、通院時間の短縮、入院の不要など、仕事への負担もまったくな く妊娠する事が出来て、もっと早く徳川にかかるんだったといまでは心底後悔しています。

満期に正常分娩で出生した娘はとても元気です。夜中の授乳など育児は大変な事もあ りますが、あのつらかった不妊期間を思えば いつも笑顔で子供に接する事ができま す。本当に産まれてくれてありがとうという感謝の念さえ覚えます。この喜びを与え て下さった徳川レディスのみなさまに心からお礼を言いたいと思います。そして今治 療中の方、これから治療しようか迷っている方、どうか稲垣先生を信頼して頑張って 下さい。私も、出口の見えないトンネルにいるようだった不妊期間を思い出すと、ど うして自分だけが授からず、虐待する親とか、欲しく無いといって堕胎してしまうよ うな所に授かるのだろうと、ブルーになることばかりでした。でもその気持ちも今は 良い思い出です。とはいえ、2人目を欲しくなったら必ず、徳川を受診します。先生、 その時はまた宜しくお願い致します!

 

 Fさんの体験記(2002/8/1追加)

 私の場合は、二人目不妊でした。一人目は結婚して1年経った頃そろそろ赤ちゃん 欲しいな・・と思ったら、すぐに妊娠しました。 そして二人目もすぐにできるだろうと 思っていたのですが、なかなかできずにおかしいな・・と思っていたときに、 二人不妊もあることを偶然知りました。そして、一人目を出産した病院で数回痛い通水 をしてもらい、その後卵管造影で卵管が細くて、て言うか片方は全く映らないくらい ・・であることがわかりました。そして、稲垣先生の病院を紹介されました。

その時私が不妊治療について知っていたことは、   ・治療は痛い。   ・注射を打つためにとにかく毎日通院しなくてはいけない。  そのため、精神的・肉体的にとてもつらい思いをしなくてはいけないと思っていました。 ところが、稲垣先生の病院へ行って毎日通院する代わりに自分で薬を飲めばよいという説明を 受けて嬉しかったです。というのは、私はフルタイムで働いているので、 毎日通院しなくてはいけないのなら、もう二人目は諦めるしかないと思っていたのです。

 実際の治療も注射が痛い(当たり前ですよね)くらいで、通水のほうがよっぽど痛かったし、 とにかく病院が明るくきれいで、その雰囲気だけで不安が取り除かれる思いがしました。  そして二回目の体外受精で妊娠し、4月28日に2790gの女の子を出産しました。 妊娠して先生の所から一人目を出産した病院へ戻ってすぐ出血し、入院と自宅療養で 二ヶ月ほど会社を休んでしまいましたが、その後は順調で、二人目ということも あって、とても安産でした。陣痛が5分間隔になるまでこれは陣痛かもしれないと 気が付かなかったし、自分一人でタクシー乗って病院行って昼ご飯もちゃんと食べて その夕方に出産しました。 ただし一人目より後産は痛かったですね。

私は二回目の体外受精で妊娠できたのでとてもラッキーだったと思っています。 結果的に子供は二人とも女の子なので主人と義母が男の子が欲しいようで、 三人目を内心 望んでいるようです。今はまだその気にはなりませんが、 その時はまた先生のお力を お借りするかもしれません。 赤ちゃんもすくすく育っていますし、私もほぼ回復しました。 本当にお世話になりましてどうもありがとうございました。心から感謝しています。

私は現在育児休職中ですが、赤ちゃんが1歳になると同時に会社へ復帰し、赤ちゃんも 保育園へ通い始めます。上の娘も小学生になるので、新生活がスタートする予定です。

パート4

 Eさんの体験記(2002/3/18追加)

 私は、結婚13年目にして、やっと子供が授かりました。稲垣先生の所へ通院し始めて、 2年半たった頃に先生のお陰で妊娠しました。その前の病院では7年間通院し、 人工受精を20回以上しましたが1度も妊娠しませんでした。この頃私は子供がほしくて焦っていました。 後継ぎのいる家に嫁いで回りから子供はまだか、子供はまだかと言われ続けていたので 早く子供が授からないかなあと、心の中で焦っていました。

 いつになったら、自分の子供をこの両腕の中に抱けるんだろう、私は今真っ黒なトンネルの中で ゆっくりとマラソンをしている状態なんだ、いつになったらこのトンネルを抜けて明るい光りが さしているトンネルの出口に出て、ゴールのテープが切れるんだろう、子供さんのいる母親と 同じ光のなかにいつになったら入れるんだろうか、と思ってみたり自分自身が暗くてはダメだ。 いつも明るくしていれば、いつかは明るい光の中に入れるんだ。と自分自身に言い聞かせながら この頃は生活をしていましたが、でもスーパーへ買い物に行って小さな子供の顔をまともに 見ることが出来ませんでした。小さな子供を見ると私はいつもどうして私には子供が授からないんだろうと 思って、とても悲しくなってしまうので、なるべく毎日の生活の中で子供の顔を見ないで済むように 生活をしていました。子供のいる友達とも会わなくなりました。会話の中に入れないからです。 そしてだんだん友達付き合いも少なくなりました。

 前の病院の都合で、先生の所へ転院しました。初めて先生の病院へ伺った時は、とてもリラックス出来ました。 それはなぜかと言いますと先生と看護婦さんの笑顔がとても優しく私の心の中を明るくしてくれました。 先生に今までの話をしていると、やさしく聞いて下さりとても安心出来ました。 今まですごく暗かった自分に明るさが出て、子供のいない今の生活を楽しもうと思える様になり、 肩に力が入っていたのが、スーッととれました。そして2年半たった頃に、体外受精2回目にして 子供が授かりました。もう、とてもうれしくて、うれしくて出産する日が、 とても楽しみになりました。高齢出産でしたけど、無事に子供が生まれました。今不妊治療をなさっている皆さん、 精神的、肉体的、経済的にも大変だと思いますが、私みたいに結婚13年目、院9年間頑張った者もいるので、 こんな人もいたんだと思って、不妊治療を頑張って下さい。心から応援しています。最後に皆さんにも明るい陽がさしますように心から念じています。

 Dさんの体験記(2002/2/26追加)

私は結婚5年目に稲垣先生のところでお世話になって、子供を授かることができました。結婚してすぐにで も子供がほしいな、と思っていたので、思っていたより時間がかかりました。2年くらいたっても妊娠 しなかったので、不妊治療をはじめました。(不妊専門のクリニックに通っていました)病院に行けば、 原因がわかるだろうと思っていたら、検査をすすめても主人私ともに原因が見つからず なんとなく、 治療のレールのとおり人工授精の回数を重ねて行くことになりました。それで妊娠するだろうと思っていたのに、 ちっともその気配はありませんでした。期待して、ああまただめだった・・・の繰り返しでだんだんと疲れてきていました。

院をはじめて1年くらい経った頃から、治療と平行しておばた治療室でもお世話になっていました。 自分の体と向き合うということが、大事なことなんだなあと改めて感じることができていて、まあのんびり 行くしかないな、そのうち授かるかな、と思う反面、周囲からの心無い言葉に傷ついたり、人の妊娠を うらやましく思ったり・・・そんな日が続いていました。そのうち、「原因不明のいわゆる機能性不妊、 このまま人工授精を続けるのもひとつだけど体外受精も選択する時期にはきてるかな」というような説明を聞きました。 踏み切るかどうか夫婦で話をしましたが、結局ちょっと休憩しようかということになり、治療を止めて、 のんびり自然にまかせていました。そんな時、稲垣先生のクリニックのことを勤務していた病院の先生 に紹介していただき(治療は自分の勤め先ではありませんでした)体外受精でもクロミッドでされてい るから 体に負担が少ないと言うことを知ってまあ、一度だけチャレンジしてみようかなと思ってお世話になりました。

お灸もしていたせいか、5つも卵胞が育って4つ採卵できました。結局3つの受精卵を戻しました。 今までの私なら、「今回は妊娠できるかも」と期待していたはずなのですが、そのときはいたって平常心で、 高温期もお腹が張ったりしていても、期待感にはつながりませんでした。だからか、妊娠判定薬を自分で 試すこともなく判定日に診察に行ったところ「双子かもしれないねえ」という稲垣先生の言葉にびっくりして 「妊娠してるんですか?」と言ってしまいました。ほんとにびっくりして、なんだか信じられないまま病院から 家に帰ったことを覚えています。結局お腹には一人の小さな命が授かっていました。今思うと、気持ちが ゆるんでいたというか、変に力が入ることなく過ごせていたときにふっとコウノトリがやってきたように思います。 治療の内容ももちろん大切だと思いますが、それ以上に自分の精神状態というのは大いに関係するのでは? と思ってしまいます。焦らないことが大切なんて、治療していたときにも充分わかってるつもりでした。 でも、実際にはどこか焦っていたのだと思います。この先私は赤ちゃんを授かることができるのだろうか?と 先が見えないことにどうしても悶々とした気持ちになったりします。私は去年の今ごろ妊娠がわかりました。 そのときは一年後に子育てを楽しんでいる自分は想像できませんでした。

それが今は息子と毎日楽しく過ごせています。 ここを訪れている皆さんにも、いつかそんな気持ちになる日がきっとやってくるのではないかなと思います。 辛い気持ちもたくさん経験されていることと思いますがその分人に対して優しくなれるし、自分たちにとって一番いいときに きっと赤ちゃんはやってきてくれるんだと信じて、今という時間も大切に過ごして下さい。 皆さんにも幸せが近づいてくることお祈りしています。

パート3

 Eさんの体験記(2001/12/11追加)

結婚9年目で稲垣先生に授けていただいた子供は もうすぐ4ヶ月になります おかげ様で母乳ですくすく育ち 3ヶ月で倍の体重になることに驚きました。 9年も待った子なので 育児も一生懸命するかと思っていたら  不妊で一生懸命になれば それだけ体の状態に影響したりだったので 気を抜くことを 覚えてしまってそれが育児に役立ってるというか とりあえず虐待することもなく 楽しくやってます。

結婚してすぐにでも欲しかった子供はなかなか授からず  近所の医者へ通い始めたの が不妊との戦いのスタートでした。 その後 大学病院に通い“生理がきたら予約してく ださい” との検査があって電話をしたところ“もう予約でいっぱいなので次の月にし て下さい” とのことさっさと検査をして次のステップに進みたかったので  とても苛 立ちを感じました 。 仕事を遅刻しなければいけなかったので 早く妊娠しなければという焦りがありまし た 数ヵ月後 妊娠に至ったのですが出血! 1週間絶対安静の入院をして 結局諦めなければなりませんでした 精神的ダメージは思いのほか大きく 職場復帰に1ヶ月かかってしまいました。 その頃から原因不明なじんましんや喉の痛み、胸の痛み、胃の痛みがおこり 風邪は今まで寝込むことはめったになかったのですが  よく熱が出るようになり とうとう肺炎になりやすい体質にもなってしまいました やーっと授かって大喜びからの流産という経験は  今までに味わったことのないほど の苦しみで受け止められる許容範囲をはるかに超えてしまっていました 。

その後 大学病院から稲垣先生のところを勧めてもらったのですが  無知な知識から有名病院が一番と思い込んでいたので  某個人病院へ通院することに しました夕方診察があるため  職場への遠慮がなくなりましたが 待ち時間の長さに とても驚きました5時過ぎに診察券を出して 帰宅が10時頃になることもあり と ても体力的に大変になりました。 数ヵ月後 妊娠に至ったわけですが  ちょっと気になる腹痛があり入院したところ 診察結果は子宮外妊娠! 次の日 手術!!  流産だけでも立ち直りに時間がかかったのに  しばらくは外出ができませんでした。 その頃から稲垣先生のところにもお世話になり始めていたので  手術をした嫌な思い出になってしまった病院はやめて稲垣先生に思いを託すことに しました。

稲垣先生とは とても長いつきあいになってしまって 気がつけばまわりの患者さん より診察券ナンバーがすごく若くて多少焦りましたが とても落ち着けるゆとりのあ る診察に 心を和ませてくれるスタッフのみなさんや雰囲気のいい待合室によって余 分なストレスを持つことなく  淡々と不妊と戦うことができました その後 手術あとの癒着が排卵時 激痛になったり やっと妊娠反応があってもまた 子宮外妊娠かも・・と 悩んだりといろいろありましたが それもクリアして喜びかけ たところ心拍の“トントンがちょっと遅い”と言われ それに肺炎になりかけていた ということもあってまただめかなーと思いました 。それがなんと初めて順調に事が進んでいって とてもうれしかったです 。

長い間辛かったので 喜びの表現の仕方を忘れてしまって 静かにホッとした感じで した妊娠中は どこからか心配を見つけてきては悩んでいたので とても疲れました。 出産直後  分娩台の上で赤ちゃんを抱かせてもらって“何か声をかけてあげて!”と 看護婦さんに言われ待ち望んでいた瞬間だったから もっと気がきいた言葉がかけれ たらよかったのですが 出てきた言葉は“はじめまして!!”でした。 今でも横にいる我が子を見て ここにいるのが不思議で“ありがとう”って言ってし まいます。 今までとても辛かったですが  先生はじめスタッフのみなさまとクリニックの環境が あったからこの幸せをつかむことができました 先生に出会う事ができてとてもラッキーでした。 本当にありがとうございました。

 Dさんの体験記(2001/11/8追加)

お礼 先生に御報告したく、お便りします。 お目にかかって、お礼を申し上げたいのですが、また泣いてしまいそうなのでお手紙 で失礼致します。 2ヶ月前の8月9日に男の子を出産しました。 体重2850g、身長48cmの少し小さい赤ちゃんでした。一ヶ月検診も母子共に 異常なく、ほっと一安心しました。 出産の時に思い掛けないことが起こり、出産直 後に母親の私の方が総合病院へ移された為、 子供と離ればなれになってしまいました 。しかし、その後無事に子供に逢うことができ、その瞬間はただ、ただ嬉しくて、 ま た涙が止まりませんでした。そして待ち望んでいたわが子をこの手で抱いた時には、 とても幸せな気持ちで一杯でした。

ただ一つ残念なことは、わが子の産声を聞くことができなかったことです。しかし無 事に生まれてくれたので、それだけで十分満足しています。 お世話になった主治医の 先生にも、がんばった子供にも、とても感謝しています。何よりも、私に可愛い赤ち ゃんを授けて下さった、 稲垣先生には、深く、深く、言葉では言い表せないほど感謝 しています。有難うございました。また、主治医の先生にも大変お世話になりました 。 検診の時から『大事な子だから』と、特に気ずかって頂きとても有り難かったです 。先生を御紹介して下さったことも、重ねてお礼申し上げます。

 子供の名前は***です。現在生後2ヶ月になり、体重は5200gで丸まるしてま す。よく笑うようになり、首もしっかりしてきました。 時々ユニークな表情をしたり 、小さいながら一生懸命に意志表現しているようで、とても愛しいです。また、手と 足をばたばたと休む暇なく激しく動かし、 見ている方が疲れるくらい長い時間、楽し ませてくれます。 今は、授乳したり子供と触れあっている時が、とても幸せな時間です。慣れない育児 で、 戸惑うこともありますが、子育ては最初で最後のつもりで後悔しないように、子 供と一緒に学んだり、その時々に逢った様々な経験をしたり楽しみたいです。  諦めていた夢が現実になり、これ以上嬉しいことはありません。新しい生活は忙し くなりましたが、とても楽しい毎日です。すべて稲垣先生のおかげです。 有難うござ いました。心よりお礼申し上げます。長い手紙で申し訳ありません。乱筆乱文ながら 書中にて御報告とお礼申しあげます。

パート2

  Eさんの体験記(2001/11/8追加)

自分が不妊症だなんて、結婚前は夢にも思いませんでした。結婚したのが28歳と遅か ったこともあって、まったく避妊はしていませんでした。 結婚して1年が経った頃、一度病院で診てもらおうかと主人と話していた矢先、妊娠 しました。 もう嬉しくて、嬉しくて・・・。 そして初診の日から2週間後、心拍が確認できるものと思いながら受診しました。 しかし、心拍の確認どころか子宮内に出血があり、 切迫流産で即入院になりました。 安静の日々を送っていましたが、結局赤ちゃんは助かりませんでした。 流産から半年ほど経った頃、 今度は体温が上がらなくなってしまい、 前回と同じ病院で受診しました。 漢方薬ですぐに良くなったものの、相変わらず妊娠の気配はなし。 その病院は不妊外来はないので、タイミング法と漢方薬のみで不妊治療が始まりまし た。 卵管造影でも異常はなく、そのまま1年3ヶ月ほど治療を受けました。 実は、その間、友人から徳川レテ゛ィスクリニックを勧められていたのですが、それ まで通っていた病院の先生に悪い気がして、 なかなか転院に踏み切れませんでした。 しかし、やはり赤ちゃんが欲しいという気持ちのほうが強く、思い切って転院してみ ました。

徳川レテ゛ィスクリニックの第一印象は、まず明るいということ。 とてもクリニックの待合室とは思えず、くつろいでいられるんです。 それから、何より嬉しかったのは、待合室にに妊婦さんが居ないこと。 それまで通っていた病院は産婦人科が有名な総合病院だったので、 妊婦さんに囲まれて、1時間も2時間も待たなければなりませんでした。 それが、ここでは患者さんみなさんが同じ悩みを持つ人ばかりで、 先生も看護婦さんもやさしく、通うことが精神的な負担になりませんでした。

治療は、私の希望で人工授精から始まりました。 又、血液検査でプロラクチンが高いことがわかり、その治療(薬の服用)も平行して 行われました。 その結果、10回目の人工授精で妊娠。 しかし今回も心拍を確認することなくすぐに流産(稽瑠流産)してしまいました。 そこで、先生にお願いして習慣性流産の検査をしていただいたところ、 抗体を持って いることがわかりました。 不妊症の上に不育症だなんて、 私の体はどうなっているんだろうととてもショックで した。 それでもどうしても赤ちゃんが欲しくて仕方ありませんでした。 既に年齢も32歳になっており、 少しでも確立が高いほうがいいと思い、 その後、体外受精に切り替えました。そうしたら、何と1回目の体外で妊娠。抗体を持っているた め、 妊娠が判明した日から小児用バファリンの服用が始まりました。 1週間に1度、超音波で診ていただいていたのですが、心拍を確認できたときは 涙が 出そうなぐらい嬉しかったのを覚えています。

その後、出産予定の病院に移ってからはずっと2週間に1度の検診があり、妊娠7ヶ 月にはいった現在も小児用バファリンの服用は続いています。 仕事柄、社内の妊婦の方に社会保険等の説明をすることが何度かあり、不妊治療中は 随分つらい思いもしました。 特に2回目の流産後に復職してすぐ、 妊婦の方に産休や育児休業などの説明をし、マ タニティ(制服)を用意してあげなければならなかったときは、さすがにまいってし まい、 帰宅してから「会社をやめる!」と大泣きして主人にあたったりもしました。 しかし、今、胎動を感じ、ふっくらとして赤ちゃんらしくなってきた顔を 超音波で見 ていると、つらかったことなど吹き飛んでしまいます。 信頼できる先生のもとで安心して治療を受けられるということは、あきらめることなく 治療を継続できて、妊娠への近道になる思います。 また、費用面でも他院より低額というのは大きなポイントでした。

私の場合、まだ妊娠中なので半体験記といったところですが、少しはお役に立てたで しょうか? つらい思いをした人にほど、大きな幸せがやってくると私は思っています。 幸せが訪れたとき、今の苦しみはそれを乗り越えたという自信に変わりますよ。

 Aさんの体験記

 私は結婚7年目で先生のお蔭で子供を授かることができました。 でも最初頃は欲しいとまだ思っていなかったので そんなに頑張ってる事もなかったよ うに思います。(でも避妊はしてませんでした) 先生の病院へ行く1年前に初めて某有名病院へ行き いろいろ検査をして診てもらって いましたが待ち時間の長いこととある先生の声が大きく自分の治療内容がわかるほど でしたから 「 もう〜やめた」と通うのを止めてしまいました。そこの病院では排卵日 をみる事で終ってしまいました。

 半年くらいは何もしてなかったのですが、私の同級 生の紹介で稲垣先生に会う事ができました。プロラクチンの数値が異常に高かったの で抑える薬を飲んでいましたが・・・・ちょっと私のとって辛い薬でした。凄く気持 ちが悪くなり会社には行けないほどでした。 それから弱い薬に変えて頂きそれでも恐 々飲んでいました。それでもってクロミッドも飲んでいたのでこんなに薬漬けでいい のかしら? と思ってました。でも先生を信じて人工授精を行い2回目で授かりました 。ありがとうございました。

 妊娠中は妊娠中毒もあり1週間入院しましたが元気な男 の子が生まれました。(正直な所。女の 子が欲しかった!)贅沢者ですね。 今、二人 目を治療中ですが・・・・一人目のようには中々できません。(1年が経ちました) 原因も一人目とは違うようです。 今現在、6回目の人工授精が終ってます。どれだけ 頑張れるかわかりませんが先生を信じて治療を続けたいと思ってます。

パート1

 Bさんの体験記

 昔から子供が大好きでした。 結婚して1年ぐらいして、子供をそろそろと思い、近くの不妊外来のある市民病院へ 通いはじめた矢先に、義父から「子供はまだ?」の攻撃。精神的にストレスがたまり 、原因不明のじんましん、無排卵、クラミジアの感染をしていたので、 薬を飲み、タ イミング法で月日はたちました。あせりがいっぱい。。大きな原因は無かったのです 。段階をおっていろいろ検査を進めて見ようと思い、 まず、卵管造影の検査をしまし た。結果、異常なし。しばらくして、友達が腹腔鏡の検査を受けてすぐに妊娠した事 を聞き、自分も半年出来なかったら、 受けてみようと思い検査することになりました 。

 先生から「あなたは大丈夫だと思うけど、まれにひどい人がいる。これは、おなか を開けてみないと分からない。」と、言われ、検査を受けました。 通常30〜60分 の検査なのに私は2時間以上もかかりました。何とまれにある人だったのです。卵巣 、子宮が腸と癒着していたのです。 全部はがすことが出来ないままお腹を閉じること になりました。検査後、半年ぐらいが赤ちゃんのできるチャンスだと言われていましてが、 人工受精とかも行いましたがダメでした。直接的原因がないので一番やっかい だ。とも言われました。

 月日だけが3年と流れ、もっと設備の整っている病院にかわ ろうと思い、不妊治療で有名な某病院へ転院。そこはすごく混んでいて3時間ぐらい 待って15分ぐらいの診察、でもここなら赤ちゃんが出来るだろうと思い、がんばっ てました。すぐにIVFを行いました。生理を止めて、 毎日、毎日痛い注射に通い採 卵して出来た卵が多すぎたため、卵巣がはれ、胚移植が出来るどころか、腹水、胸水 までお水がたまって、 ほかっておいたら脳血栓になるとまで言われ、24時間点滴を 受け、7日間入院しました。凍結出来る受精卵が12個もあったので、 体調が良くな ってから治療を再開し、融解胚移植を行ったのですが、1度も妊娠には至らなかった のです。精神的にも肉体的にも金銭的にも 疲れはてていました。が、治療を断念する という勇気はありませんでした。少しお休みを入れてみようと思っていた所へ、 稲垣 先生の病院の話しを聞きました。でも、また転院かと思うと不安でいっぱいでしたが 、少し時間をおいてから訪ねてみたら治療内容とか 解らない事とか説明を詳しくし てもらえたので、ホッとして、また治療を続けてみようと思いました。

 病院もきれい だし、待ち時間もほとんど無いし、日曜とかが入ったりして、タイミングがあわない 時もありましたが、先生の所へ通い始めて 3ヶ月目に初めてクロミフェン周期の体外 受精を行いました。そして何と1回で妊娠することが出来たのです。ここに来るまで 6年は何だったのだろうと思い、妊娠を知った時は驚きでした。お休みを入れている 間にヨガ、整体、漢方、健康食品などを取り入れました。

 何が良かったのかは、わか らないけど。。。先生の力が一番だと思います。本に載っている子授け神社、温泉数 々行きました。ほとんどのところは、 御利益なし、でも、1つだけ犬山にある大縣神 社(姫え宮神社)ここに願いごとのかなう鳥居(おもに学業ですが)があります。友 達と行きました 。 私はその後2ヶ月で妊娠しました。一緒に行った友達も1年後には 、自然で2卵生の双児ちゃんを妊娠したのです。そして、 今年私は、2人目がほしい と思ったので、不妊治療している友達と、また行きました。そうした本に載っている 子授け神社、温泉数々行きました。 ほとんどのところは、御利益なし、でも、1つだ け犬山にある大縣神社(姫え宮神社)ここに願いごとのかなう鳥居(おもに学業です が)があります。 友達と行きました。私はその後2ヶ月で妊娠しました。一緒に行っ た友達も1年後には、自然で2卵生の双児ちゃんを妊娠したのです。 そして、今年私 は、2人目がほしいと思ったので、不妊治療している友達と、また行きました。そう したら友達がすぐに、 妊娠しました。私も近い内に妊娠できたら、その神社は何かあ ると思います。

 Cさんの体験記

 私は今、二人目不妊で通院させて頂いています。一人目も不妊治療の末授かりました 。初潮からひどい生理不順(30〜60周期位)だったので、 結婚前から「自分はき っとなかなか子供は出来ないだろうな。」と思っていました。その上、仕事上のスト レスから右側の卵巣が卵巣嚢腫となり、 軽かった為特に治療はしなかったものの、新 たな不安材料となりました。結婚してすぐ子作りを開始し、同時に基礎体温をつけは じめました。 表を見ると、高温層と低温層が分かれてる時と分かれていない時があり 、子供が出来る気配は全然ありません。 普通本を見ると、「不妊は2年子供が出来な かったら」とありますが、きっと様々な検査があるだろうし、悪い所が見つかれば治 療にも かなり時間を要すると重い、約1年後不妊外来がある総合病院へ通い始めまし た。

 自宅からの通院の便が良く、しかも不妊外来があると言う事で通い始めた病院で したが、はっきり言ってちょっと苦痛でした。 プライバシーがまるで無いのです。診 察も先生同士の机が2つ並んでいてその前に患者が各自座る為、隣りの人の病名や治 療内容がまるわかりなのです。 もちろん内診も同様で、3〜4つの内診台が薄い仕切 りとカーテンで仕切られていました。また産婦人科だったので、お腹の大きな妊婦さ んを見るのも、 ちょっと羨ましかったです。また初診の時「まだ1年なら不妊とは言わないけど、治療するんですか?」と言われ、是非にとお願いして(?)通い始めま した。

 まずは血液検査でのホルモン検査をし、卵管造影でも異常なく、高温期の3日目、6 日目、9日目にまた血液でのホルモン検査と進みましたが、 「排卵がちょっと問題が あるらしい。」と言われたものの、ちゃんとした病名を告げられる事無く治療へと進 みました。 始めはクロミッド1錠+タイミング(でも何故か初めてのクロミッドは生 理開始後11日から始めた)で2周期、そしてクロミッド2錠に増やしてタイミング を合わせ、妊娠しました。思ったより早くの妊娠に驚き、また喜びました。妊娠中も 高熱(40℃)に3日間苦しみ、一応病院から薬を貰ったものの飲むのに 抵抗があり 飲まずに居たら逆にひどい咳が残り、出血してしまった時はもうダメだと泣きました 。でも何とか止血剤を飲み安静にしていたら治まり、一安心。 その後は特に問題なく 妊婦生活を送っていましたが、34週ちょうどで破水し、その日に普通分娩で無事出 産しました。

子供は1900gにも満たない未熟児で 、52日間NICUに入院していましたが、今はその面影も全く無く、元気一杯に成 長しています。 また生理不順がひどくなり、先生の病院に通院して不妊の検査と治療 を再開したばかりです。今後の事はどうなるかわからないので不安ですが、 先生を信 頼して一生懸命頑張ろうと思っています。 長々と読んで下さってありがとうございました。参考にはならない内容で、 ごめんな さい。一緒に頑張って、可愛い赤ちゃんを抱ける日を待ちましょうね。


稲垣婦人科TOP 不妊治療(名古屋) 不妊症相談(掲示板) 簡易体外受精

名古屋市北区大曽根三丁目15番58号大曽根フロントビル2階  稲垣婦人科 院長 稲垣資郎 tel(052)910-5550
メールによるご相談は受け付けておりません。メールはinagaki@oozone-l.com(コピペせずに入力が必要です)
不妊症のご質問は質問コーナー(不妊治療)に投稿してください。Copyright(C) 2005 Inagaki Ladies Clinic. All rights Reserved