ホームに戻る 初診の方へ 駐車場
クリニックの紹介 診察時間 不妊について知りたい
クロミフェン周期体外受精 産婦人科一口メモ 掲示板(当サイトの花)
質問コーナー(不妊治療) 不妊治療体験記 大曽根グルメ
基本検査 動画のページ 特定不妊治療助成金事業
簡易体外受精の妊娠率 簡易体外受精の料金 自然妊娠の確率判定サイト
スタッフ募集 リンク  

特定不妊治療助成金事業
入籍をされていて体外受精や顕微授精を受けられた方にほぼすべての自治体より助成金が支給されます。
支給は1年に2回 1回15万円まで 合計5年まで 過去に助成金をもらって出産されている方でも5回までは1年に2度まで受け取ることが出来ます。
対象者は婚姻されているご夫婦で夫婦合算の年収(課税対象額)が730万円未満の方です。この年収は色々な控除を引いた控除後の金額で、控除の多いご夫婦は場合によっては950万円くらいの額面年収がある方も対象になることがありますのでまずは自分の年収を税務署で確認して下さい。
(余談 それ以上の方も確定申告で医療費控除を行うことをお勧めします。)治療終了後2ヶ月以内に提出しないと給付されない可能性があるのでお早めに提出して下さい。
(平成19年4月より改正)


名古屋市一般不妊治療助成事業始まります(NEW)
名古屋市では平成19年12月から不妊に悩むご夫婦に対して、一般不妊治療に要する費用の一部を助成する事業が開始されました。詳しくはこちらをご覧ください。

簡単に説明させて頂くと年収が特定不妊治療助成金事業と同じく730万円未満のご夫婦で名古屋市在住の方は最高10万円までの半額を助成してもらえます。他の自治体も多くは同様な助成金制度が昨年末より始まりました。名古屋市より手厚い制度の自治体も多数ありますので地元の保健所で確認してください。一般不妊検査や人工授精などの自由診療も対象になりますが、体外受精のための検査・治療費は一切この対象とはなりません。当院では書類代として2,000円頂いております。


稲垣婦人科TOP 不妊治療(名古屋) 不妊症相談(掲示板) 簡易体外受精

名古屋市北区大曽根三丁目15番58号大曽根フロントビル2階  稲垣婦人科 院長 稲垣資郎 tel(052)910-5550
メールによるご相談は受け付けておりません。
メールはinagaki@oozone-l.com(コピペせずに入力が必要です)
不妊症のご質問は質問コーナー(不妊治療)に投稿してください。Copyright(C) 2001 Tokugawa Ladies Clinic. All rights Reserved